プレスリリース

充電GO!、1月18日から実証運行する“通勤ライナー”にステーションを設置

沖縄発のインターネットベンチャーである琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、内閣府沖縄総合事務局が2021年1月18日~29日の間に実証運行を行う通勤急行バス“通勤ライナー”に充電GO!ステーションを設置。実証期間中に、通勤ライナーの利用客に対してモバイルバッテリーを無料で貸し出します
※無料レンタルは168時間(最大7日間)となります。レンタル期間が168時間を超えた場合は、延滞料として2,508円(税込)が発生します。

通勤ライナー×充電GO! 設置イメージ

充電GO!は、“いつでも充電、どこでも充電”をコンセプトにしたモバイルバッテリーのレンタルサービスです。LINEまたは専用のアプリで会員登録をした後は、バッテリーステーションでQRコードを読み取るだけの簡単レンタルで、自由に移動しながら充電をして、終わったら最寄りのステーションに返却できます。なお、ステーションは空港やコンビニ、様々な沖縄のランドマークなど、離島も含め沖縄県内約500箇所に設置されており、サービスを提供しています。

そしてこの度、沖縄総合事務局が2021年1月18日~29日の間に実証運行を行う通勤急行バス“通勤ライナー”に充電GO!ステーションを設置。実証実験の期間中、利用客に対してモバイルバッテリーを無料で貸し出します

ステーションは、うるまルート・南城ルート・糸満ルートの朝夕全6便に設置しており、通勤ライナーの利用客は、モバイルバッテリーを最大7日間無料でレンタルすることができます。また、レンタルしたモバイルバッテリーはライナー設置のステーションだけではなく、県内の他のステーションでも返却可能となっており、通常の充電GO!と同じように自由に移動しながら充電をして移動先の最寄りのステーションへ返すことができます。

ステーションはバス前方・乗降口付近に設置していますので、ご利用を希望される人はバスが停車中にレンタルをお願いします。今後も充電GO!は、県内事業者様や沖縄のパートナー企業などにおける多様な充電ニーズを取り入れながら、より多くの人が気軽にレンタルすることができるよう、積極的にサービス展開してまいります。

■通勤ライナーでの利用方法

■通勤ライナーへの設置について
期間:2021年1月18日(月)~2021年1月29日(日)まで ※平日のみ
対象:通勤ライナーの利用者(那覇市外から自家用車で通勤している方)
料金:無料
設置場所:バス前方・乗降口付近
レンタル期間:168時間(最大7日間)
※レンタル期間が168時間を超えた場合は、延滞料2,508円(税込)が発生します。

■通勤ライナーについて
那覇市中心部にお勤めの社会人の方を対象に、うるま市・南城市・糸満市と那覇市中心部を結ぶ3ルートの通勤用バスを2週間運行します。ご利用は無料ですが、事前予約が必要です。
https://jartic.jp/reserve_top/

■「充電GO!」について
充電GO!は、“いつでも充電、どこでも充電”をコンセプトにしたモバイルバッテリーのレンタルサービスです。専用アプリでQRコードを読み取るだけの簡単レンタルで、ほぼ全てのモバイル機器を充電することができます。返却は別のステーションでも可能で、自由に移動しながら充電をして移動先の最寄りのステーションへ返すことができます。
対応機種   MicroUSB、Lightning、USB Type-Cに対応
料金(税別) 100円(60分)、200円(24時間)、以降168時間まで1日追加100円
URL     https://judengo.jp/
※利用時間が168時間を超えた場合は、利用料800円の他に延滞料1,480円が発生します。