プレスリリース

「コンプライアンス宣言」を制定

~企業としての存在価値を高め、更なる成長のための土台を目指して~

沖縄発のインターネットベンチャーである琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、社会における企業としての存在価値を高めながら、急激に成長していくための土台を築くべく、ビジョンである「日本を代表するインターネット企業になる」に基づき、2017年6月1日に「コンプライアンス宣言」を制定しました。

この度制定した「コンプライアンス宣言」は、琉球インタラクティブの経営陣をはじめ、グループの経営陣、グループ全社における全ての従業員がコンプライアンスの重要性を自ら率先して認識・確認し、グループ全体におけるコンプライアンス意識を継続して高め、コンプライアンス意識の醸成に努めていくことを、社会およびステークホルダーに対して広くコミットするものです。同時に、社会およびステークホルダーからの信頼と期待に対しより確実に応えていくため、高い倫理観を持ち、法令・社内規程・行動姿勢・マナーなどを遵守し、社会規範に沿った責任のある健全な事業活動を、継続拡大していくことを約束しています。

琉球インタラクティブでは、グループの全役員・全従業員を対象に「コンプライアンス宣言」の周知と理解を進め、コンプライアンスの徹底に継続して取り組んでまいります。また、2016年9月に明文化した行動規範「RyukyuInteractive Standard」を、当社の業務遂行における原理・価値観として、その共有と運用に日頃から励んでいます。

今後は、「コンプライアンス宣言」と「RyukyuInteractive Standard」を企業運営における指針として両軸に据え、「日本を代表するインターネット企業になる」の実現に向け、沖縄から世界へ人々の生活を豊かにするインターネットサービスを一つでも多く生み出せるよう、一層努めてまいります。

「コンプライアンス宣言」は、以下に開示していますのでご覧ください。
https://www.ryukyu-i.co.jp/compliance/

行動規範「RyukyuInteractive Standard」は、以下に開示していますのでご覧ください。
https://www.ryukyu-i.co.jp/company/ri_standard/