RyukyuInteractive
Quest(人事制度)

当社では、「日本を代表するインターネット企業になる」の実現に向けて、組織の結束を高めて連携を強化し、発展させていくことの必要性を感じています。この考えの下、より多くのメンバーが働きがいを見出せるよう、オリジナルの人事制度「RyukyuInteractive Quest」を導入しています。

Questは5つの制度と1つのツールで構成されています。Questは、会社と社員が共に急成長していくための理想的な好循環を生み出すことを目指して設計されました。制度内容は、高みに挑戦したい人や情熱的に働きたい人のモチベーションアップに繋がり、皆が前向きに働きがいを感じられるよう工夫を凝らしています。

Questを構成する
5つの制度と1つのツール

quest

quest quest

OKRオーケーアール

OKR オーケーアール

基礎となる目標管理には、「OKR(オーケーアール)」というツールを採用しています。OKRの管理スタイルは非常にシンプルで、運用では「組織として何が大事なのか」についてメンバー間で共通認識を作ることを主眼としています。また、誰もが進捗を一目で把握できるよう、目標(Key Result)は全て定量化されるのが大きな特徴となっています。

OKRの設定は、個人のOKRとチームのOKR、チームのOKRと会社のOKRに一貫性を持たせて行います。当社では、組織としての一体感を生み出し競争力を高めていくためには、新たな手法を積極的に採り入れ適応させていく、高度な人材マネジメントが必要と考えて実践しています。

OKR オーケーアール
Grade グレード

Gradeグレード

Grade グレード

Gradeでは、ビジネス職、プロフェッショナル職、サポート職といった職務グレードの定義を行い、キャリア育成の指針としています。また、Gallup社のストレングスファインダーを全社員に導入し、社員一人ひとりの“強みの資質”を把握するよう努めています。

社内でオープンにされている社員紹介には、お互いのことを詳しく理解できるよう、写真やメッセージ、OKR、ストレングスファインダーの“強みの資質”を記入することができます。当社では、他者の資質を尊重し合いながら、きちんと成果を生み出せる組織づくりを心掛けています。

Reviewレビュー

Review レビュー

Reviewは当社の人事評価制度で、明確なプロセスのもと1on1をもとに実施されます。具体的には、メンバーの目標は半期ごとにグレードに適した内容で設定され、半年ごとに総合的に評価を行います。そして目標の設定にあたっては、マネージャーと目指す成果の定義を行い、月次で開催されるマネージャーとの1on1で達成状況を捉えていきます。

従って、当社のマネージャーにはメンバーの仕事を把握する能力、適切な評価を下す能力、メンバーとの信頼関係を構築する能力が求められます。みんなが成長して、成果を出す。その結果、会社の利益も伸び報酬も増える。そして、会社と社員のさらなる成長に繋がる。以上が、当社が目指す理想の人事評価のサイクルです。

Review レビュー
Award アワード

Awardアワード

Award アワード

Awardは、当社の行動規範であるRyukyuInteractive Standardの浸透を目的に、それに相応しい実績を出した人や行動を体現した人をみんなで称賛する表彰制度です。表彰は半期ごとに行われ、受賞者にはトロフィーと賞金が贈られます。

表彰の対象部門は、期によって若干の枠組みの変更がありますが、全ての社員にチャンスが得られるように設計されています。また、この制度はグループ共通の制度となっており、表彰はベトナムの現地社員も含めて行われます。部署や職種の特性を取り除くため、「マネージャーによる推薦」という選考フローになっています。

Medalメダル

Medal メダル

仕事の成果には、当然、組織に対する貢献割合も含まれます。この組織貢献の指標となるのがMedal制度です。メダルでは、日々の業務でお世話になっている人に感謝のメッセージとともに、メダルを贈ることができます。贈れる枚数は毎月1人1枚。メダルを集めると、枚数に応じて様々な特典と交換することができます。

当社では、メダルを通じて、新しいことにチャレンジできる機会や自身のスキルを深められる環境を創っていきたいと考えています。要望は部署や職種で異なっているため、「もっとこんな特典が欲しい!」というアイディアがあれば、随時特典として検討しています。

Medal メダル
1on1 ワンオンワン

1on1ワンオンワン

1on1 ワンオンワン

Questを通して皆が自律的に成長し続ける組織へとしていくために、当社では1on1を各制度の運用ツールと位置づけ活用を行っています。1on1では、メンバーの成長を支援して“強み”に磨きをかけることで、より良い成果が得られるよう導いていくことを主眼としています。同時に、月次のフィードバックの機会としての意味合いを持たせ、目標の達成度合やメンバーの状況を把握することで、極力リアルタイムで評価を行っています。

1on1を上手く活用して、メンバーにはぜひ社内の色々な人に相談を行い、目標を達成するためのヒントやアドバイスなどを得て欲しいと考えています。マネージャーには、情報をタイムリーに入手し適切な判断に繋げていくことで、より大きな組織成果を生み出して欲しいと考えています。